2019年3月、公開講座にて
「着実にプロジェクトを進める進捗管理実践」セミナーを開催しました。
今回は、SE経験のない方から、プロジェクトリーダー経験のあるベテランまで、幅広く参加されました。

進捗管理というと、現場では何となくやってしまっていたり、何となくできてしまっていることがよくあると思います。また、時間管理やスケジュール管理を進捗管理と思っている方もよくいらっしゃいます。
本セミナーでは、”進捗管理とは、プロジェクトの将来を予測して進捗リスクが生じないように手を打っていくものである”と説明しています。その方法論として、日次ミーティング、WBS、リスクと問題のキャッチなどがあり、いずれも実務で使える技法があります。

特に今回は若手の受講者が大半だったことを鑑み、日次ミーティングのやり方、WBSを作成する時のポイント、加えてメンバーのモチベーションを高めるために進捗管理でできることを濃く説明しました。
また、グループワークでは事例をもとにWBSを作るワークを行いましたが、受講者の方々は実際のプロジェクトでよくある課題などを話題に出しながら進めており、洞察が深まったようです。

セミナーのカリキュラム

着実にプロジェクトを進める進捗管理実践