2019年3月、公開講座にて
「できるリーダーになるためのリーダーシップ実践」セミナーを開催しました。
今回は30代位の中堅の方が多く、システム開発の現場でリーダーとして従事している方々が参加されました。

本セミナーでは、プロジェクトマネージャの配下でチームを束ねるプロジェクトリーダー(=チームリーダー)のスキルセットを説明しています。
大きく3つあり、①PM支援系、②チーム牽引系、③品質保証系 となります。
プロジェクトリーダーと言うと、プロジェクトマネージャの補佐というイメージが強いですが、それは一部であり上記3点をしっかりと押さえることが大事です。

今回は、かなり多くの質問が出ました。
・メンバーのモチベーションのスイッチがどこにあるのか見つけるにはどうすればいいか?
・メンバーとの進捗状況の把握はどうやるのが効率的か?
・常駐やオフショアなど遠隔地のメンバーとのコミュニケーションギャップはどうすればいいか? etc・・・

いずれも、実務で今まさに困っている事柄の様であったため、理論的なことに加えて実務で効く解決策もアドバイスしました。
また、講義や演習での講師からのフィードバックでは、講師の事例や体験談も多く話すようにしたところ、うなずく受講者が多く、講師として気づきをもたらせたと感じました。

セミナーのカリキュラム

できるリーダーになるためのリーダーシップ実践