2019年6月、公開講座にて
「できるリーダーになるためのリーダーシップ実践」セミナーを開催しました。
今回は、プロジェクトリーダーになったばかりの若手の方が多く、ほとんどの受講者が現場でSEをしている方々でした。

本セミナーでは、プロジェクトマネージャの配下でチームを束ねるプロジェクトリーダー(=チームリーダー)のスキルセットを説明しています。
大きく3つあり、①PM支援系、②チーム牽引系、③品質保証系 となります。
プロジェクトリーダーと言うと、プロジェクトマネージャの補佐というイメージが強いですが、それは一部であり上記3点をしっかりと押さえることが大事です。

講義ではこれらを強調して説明すると共に、講師の実際の成功体験と失敗体験も話しました。特に、失敗体験の話は共感する受講者多く、各自洞察や気づきを得ている様子でした。
グループワークでは、現場での悩みや課題について認識を合わせて議論しており、スムーズかつ噛み合った議論がなされ、ワークの進行と共に仲間意識が醸成されていました。グループワークの成果物もよく考え抜いたものになっていました。

受講者の雰囲気に触発され、講師からのフィードバックも熱く濃く行い、受講者から「具体的で早速実践したい」といった声が多く上がり、講師としてとても嬉しく感じた1日でした。

セミナーのカリキュラム

できるリーダーになるためのリーダーシップ実践