代表者プロフィール | 会社案内 | ゴールコンサルティング合同会社
変革のプロフェッショナル集団、ゴールコンサルティング合同会社

代表者プロフィール

弊社代表のプロフィール

代表者近影

※ 会社法により合同会社では代表取締役のことを代表社員と称します

■ 行動規範

マネジメントコンサルタントとして、
提案だけをするコンサルティングではなく、
顧客に実践力までもたらすことを使命としている。

■ 略歴

1976年(昭和51年)大阪市生まれ。
電気通信大学電子工学科卒業、武蔵野大学心理学専攻卒業。
CTIジャパン国際コーチ連盟認定プログラム 2006年51期修了。

1998年にメーカー系ITシステム開発会社に入社。
その後、朝日新聞社、電通国際情報サービス、米国系組織変革コンサルティングファーム、自治体IT専門支援員を経て、2012年3月にゴールコンサルティング合同会社を創設。
電気通信大学時代に勤労学生として科学技術庁航空宇宙技術研究所(現:JAXA )に勤め、図書館蔵書検索システム「SEND」の開発を担い、職務著作物として認定される経験を持つ。

システムエンジニアとして産業系から金融系まで多岐に渡るシステム開発を経験した後、プロジェクトマネージャとして主にトラブルプロジェクトの立て直しを担う。その後、マネジメントコンサルタントにキャリアチェンジし、 顧客の意識と行動の変革を軸とした業務改善コンサルティングに従事。
ゴールコンサルティング合同会社創設後は、マネジメントコンサルタントとして、民間企業から官公庁まで広範に渡りマネジメント研修やマネジメント支援を中心に活動している。

■ 専門領域

「プロジェクトマネジメント」「業務改善」を専門とし、顧客の現場に入り込んでの支援を得意とする。
いずれの領域も業界業種多岐に渡り数多くの実践経験を持ち、理論と実践に裏付けられたスキルが持ち味である。特に、顧客の意識と行動変化を促し、顧客に永続的なスキルを修得させることができるのが最大の強みである。

マネジメント系の研修、ワークショップ、OJTといった人材育成手法にも精通し、知識だけではなく実践力を確実に修得させる人材育成のスキルとノウハウを持つ。研修講師としては十数年に渡る実績があり、特に事例(ケース)を用いたケースディスカッション形式での人材育成手法を最も得意とする。

コンサルティングでは「逃げずに最後まで伴走者として顧客に関わる姿勢」を貫いている。

■ その他精通分野

コーチング、カウンセリング、ファシリテーションの理論に造詣があり、かつ豊富な実践経験と実践スキルを持つ。また、これらと密接な関係にある基礎心理学及び応用心理学について、社会人学生として大学に編入して専門的知識を修得。2010年に卒業し今現在も研鑽を積んでいる。

特にファシリテーションとコーチングについては、現在の様にビジネスシーンで脚光を浴びる前から先駆的に取り組んでおり、これらのスキルは業務改善コンサルティングというビジネスシーンを通して洗練され、非常に実践的なスキルを持つ。

■ 他己紹介

仕事で関わりのある方々からよく言われることを”他己紹介”として記します。
私にとってはとても嬉しい言葉です。

「東田さんは真面目で誠実ですね」
「どのような状況にも自然と違和感なく入って行き、その状況を好転させていける資質を持ってるね」
「東田さんの言葉は電撃が走るように心の奥底に入ってくる」
「人を動かす目をしている」
「東田さんに会って人生が変わった」
「東田さんと話すとすごく頭の中が整理される」

PAGETOP
Copyright © Goal Consulting GK 2012-2020 All Rights Reserved.