プロジェクトで使える会議ファシリテーション実践 | サービス | ゴールコンサルティング合同会社
変革のプロフェッショナル集団、ゴールコンサルティング合同会社

プロジェクトで使える会議ファシリテーション実践

「プロジェクトで使える会議ファシリテーション実践」セミナーのご案内

開催概要

■ 1日間コース 9:30~17:30
■ 最少催行人数 8名

※ 開始時間についてはご相談可能です。
※ 半日への時間短縮や日を分けてなどの開催はいたしておりません。
  1日間8時間での開催となります。
※ 会場はご相談に応じます。
  通常は貴社オフィスまたは弊社指定の会場となります。

コース概要

 決めたいことが決まらない、決まったことが実行されない、その結果問題が発生・・・、そういったことはありませんか?ITシステム開発や運用プロジェクトでは、定例会、要件ヒアリング、設計会議、レビュー会など様々な会議が発生し、会議という限られた時間内で決めたいことを決め、決まったことを確実に実行していくことが求められます。これを実現するのが会議ファシリテーションと会議マネジメントであり、誰でもできるすぐに使える定石があります。
 本セミナーでは、ITシステム開発や運用プロジェクトにおける会議マネジメントの技法として、会議デザイン、会議ファシリテーション、決定事項マネジメントの基本知識から実践技法までを説明します。PMBOK理論、社会心理学及び組織行動心理学をベースにした、実務で使える実践的な考え方と技法を説明します。

<本セミナーの特徴>

 プロジェクトでの意思決定の質とスピードを向上させるために、論理思考を使うべきシーンと具体的な使い方が修得できます。セミナーでは事例紹介や経験談、演習を交えながら、開発や運用シーンでの論理思考の使い方の具体的なイメージが湧くように講義と演習を進めていきます。

■ PDU7ポイント対象コース
■ 講義60%・演習40%

対象者

対象:チームリーダーの方、小規模プロジェクトのPMの方
目安:チームリーダーまたはこれからPMになる方

参加の前提条件

ITシステム開発または運用プロジェクトの経験がある方
※ 経験がなくても知識があれば可

修得できること

■ 会議ファシリテーションと会議マネジメントの基本知識と実践技法が修得できる
■ 決めたいことが時間内で必ず決められる会議ができる
■ 会議で決まったことを確実に実行させることができる

カリキュラム

<主な講義内容>

1.会議の基本知識

・ 会議の定義
・ 会議参加者の役割
・ 会議の構造(会議を構成する2つのプロセス)
・ 会議のライフサイクル
・ 良い会議の特徴
・ プロジェクトにおける会議の位置づけ
・ コミュニケーション管理と会議マネジメント

2.会議マネジメントの実践技法

■ 会議デザイン
・ 会議デザインの実施(11の基本項目)
・ 会議デザインを短時間で済ませる方法
・ 会議の事前調整のアプローチとポイント
・ 議事次第の作成
・ 会議のイメージトレーニング

■ 会議ファシリテーション
・ 会議の導入技法
・ 議事次第の使い方
・ 議論の脱線防止技法
・ 議論の交通整理技法(誰でもできる3つの技法)
・ 議論の合意形成技法
・ 決定事項のコミットメント(確約)のとり方
・ 会議の振返りの実施(15のチェックポイント)

■ 決定事項マネジメント
・ 組織における議事録の意義
・ 議事録の基本項目と作成方法
・ 議事録作成から回覧までのスピード感とアプローチ
・ アクションアイテムとアグリーメントアイテム
・ 決定事項の実行を促進させる技法

<主な演習内容>

A.会議デザインと議事次第作成のグループワーク
B.会議ロールプレイングによる実践トレーニング

■ 主な演習範囲
・ 会議デザインの作成
・ 議事次第の作成
・ 会議の導入技法
・ 議事次第の使い方
・ 議論の脱線防止技法
・ 議論の交通整理技法
・ 議論の合意形成技法
・ 決定事項のコミットメントのとり方
・ 会議の振返り

※ カリキュラムは変わる場合があります。

PAGETOP
Copyright © Goal Consulting GK 2012-2020 All Rights Reserved.