着実にプロジェクトを進める進捗管理実践 | サービス | ゴールコンサルティング合同会社
変革のプロフェッショナル集団、ゴールコンサルティング合同会社

着実にプロジェクトを進める進捗管理実践

「着実にプロジェクトを進める進捗管理実践」セミナーのご案内

開催概要

■ 1日間コース 9:30~17:30
■ 最少催行人数 8名

※ 開始時間についてはご相談可能です。
※ 半日への時間短縮や日を分けてなどの開催はいたしておりません。
  1日間8時間での開催となります。
※ 会場はご相談に応じます。
  通常は貴社オフィスまたは弊社指定の会場となります。

コース概要

 ITシステム開発や運用プロジェクトで「進捗管理をせよ」と上司から言われたあなた、まず何から始めますか?とりあえず進捗をヒアリングしに行く前にすべきことがあります。報告の粒度を統一させる、プロジェクトの状況を把握するために必要な情報を特定する、集めた情報の評価分析の仕方など様々なことを事前に決めた上で、進捗管理を進めていかなければなりません。
 本セミナーでは、ITシステム開発や運用プロジェクトにおける、進捗管理の基本知識から実践技法までを説明します。PMBOK理論をベースにした、実務で使える実践的な考え方と技法を説明します。

<本セミナーの特徴>

 プロジェクトの状況を完全に把握しつつ、着実にプロジェクトを進めていける進捗管理の実践的な技法が修得できます。セミナーでは事例紹介や経験談、演習を交えながら、開発や運用シーンでの進捗管理の具体的なイメージが湧くように講義と演習を進めていきます。

■ PDU7ポイント対象コース
■ 講義60%・演習40%

対象者

対象:チームリーダーの方、小規模プロジェクトのPMの方
目安:チームリーダーまたはこれからPMになる方

参加の前提条件

ITシステム開発または運用プロジェクトの経験がある方
※ 経験がなくても知識があれば可

修得できること

■ 進捗管理の基本知識と実践技法が修得できる
■ プロジェクトに合った進捗管理のやり方を決めることができる
■ 着実にプロジェクトを進められる進捗管理ができる

カリキュラム

<主な講義内容>

1.進捗管理の基本知識

・ 進捗管理の定義
・ 進捗管理ですべきこと
・ 進捗指標のバリエーション
・ 進捗状況の見せ方のテクニック
・ 進捗管理でやってはいけないこと

2.進捗管理の実践技法

■ 進捗管理のやり方を決める
・ 進捗管理方針の決定
・ 進捗報告先を思い描く
・ 進捗報告のタイミング
・ 進捗報告内容の決定
・ 進捗ステータスを定義する
・ プロジェクト計画からWBSへの落とし込み
・ WBS作成の5つのステップ

■ 進捗管理を実行する
・ 情報を確実に収集する
・ 進捗ステータスを正しく把握する
・ プロジェクト全体の状況をまとめる
・ プロジェクトの行く末を想像する
・ リスクと問題の発見
・ 進捗遅れに対処する3つの方法
・ 顧客向け進捗報告書の作成

<主な演習内容>

 受講者の実務において、進捗管理で上手くいっている点と上手くいっていない点を洗い出し、上手くいっている点はそのポイント、上手くいっていない点はその要因と対応策についてグループワークを行います。実務において、プロジェクトに合った進捗管理のやり方を決め、実行していけることを狙います。

■ 主な演習範囲
・ 進捗管理を成功させるポイント
・ 進捗管理が失敗する要因分析
・ 進捗管理が失敗する要因への対応

※ カリキュラムは変わる場合があります。

PAGETOP
Copyright © Goal Consulting GK 2012-2020 All Rights Reserved.