交渉の主導権を握るステークホルダーマネジメント実践 | サービス | ゴールコンサルティング合同会社
変革のプロフェッショナル集団、ゴールコンサルティング合同会社

交渉の主導権を握るステークホルダーマネジメント実践

「交渉の主導権を握るステークホルダーマネジメント実践」セミナーのご案内

開催概要

■ 1日間コース 9:30~17:30
■ 最少催行人数 8名

※ 開始時間についてはご相談可能です。
※ 半日への時間短縮や日を分けてなどの開催はいたしておりません。
  1日間8時間での開催となります。
※ 会場はご相談に応じます。
  通常は貴社オフィスまたは弊社指定の会場となります。

コース概要

 顧客に押し切られて、過大な要求を押し付けられてはいませんか? 上層部の鶴の一声で、プロジェクトの方針が180度変わったことは? プロジェクトのゴールを達成するには、顧客や上層部といった影響力の強いステークホルダーとのコンフリクト(対立点)を見つけ出し、プロジェクトに深刻な影響を与える前に対処することが必要です。そのためには、ステークホルダー一人ひとりの声に耳を傾け、ステークホルダーそれぞれの関心事を理解し、ねばり強い交渉プロセスを続けることが鍵となります。
 本セミナーでは、ステークホルダーの関心事と要求の把握と、コンフリクトに対処する交渉プロセスの基本知識と実践技法を説明します。PMBOKの知識体系をベースにした、プロジェクト現場で実践できる考え方と技法です。

<本セミナーの特徴>

 グローバル・プロジェクトなどの多様で複雑なステークホルダーを調整してきた実績に裏付けられた、コンサルタントが実際に活用する実践的な技法を修得できます。実際のプロジェクトでの経験談や演習を交えながら、実務で使うイメージが湧くように講義と演習を進めていきます。

■ PDU7ポイント対象コース
■ 講義40%・演習60%

対象者

対象:PMとしてプロジェクト全体のマネジメントをする方
目安:PMになって3年以上

参加の前提条件

ITシステム開発または運用プロジェクトの参画経験がある方
※ PM経験がなくてもチームリーダー経験または営業経験があれば可

修得できること

■ ステークホルダーマネジメントの基本知識と実践技法を修得できる
■ ステークホルダーの関心事をつかみ、対処することができる
■ ステークホルダーとの対立関係をコントロールすることができる

カリキュラム

<主な講義内容>

1.ステークホルダーマネジメントの基本知識

・ ステークホルダーとは
・ ステークホルダーマネジメントの全体像
・ 平常時と交渉時ですべきこと
・ プロジェクトにおける交渉の定義
・ イイ交渉の構造

2.ステークホルダーマネジメントの実践技法

■ ステークホルダーマネジメント計画作成
・ ステークホルダーを洗い出す
・ ステークホルダーの関心事をつかむ
・ 共通のモノサシを作る
・ 共通のモノサシを合意するポイント

■ 日々のステークホルダーとの関係構築
・ 定例会議でリスクをキャッチする
・ ステークホルダーの不安と期待に対処する
・ 議事録の作成と配布のポイント

■ 交渉シナリオ作成
・ 共通の目的とゴールを決める
・ デッドラインを決める
・ 判断基準と代替案の評価を明確に分ける

■ 交渉の実行
・ 議事次第(アジェンダ)で主導権を握る
・ 提案のフレームワークを使って代替案を議論する
・ 合意事項を確実に履行させる
・ グループで交渉に臨むときの鉄則
・ ムチャな要求をされたときの対処法
・ Win-Winにならなかったときの対処法

<主な演習内容>

顧客との交渉が紛糾した事例を演習題材として、交渉のゴール設定から代替案の検討までの交渉シナリオ作成グループワークを行います。また、PM役と顧客役とに分かれて、対立点の問題解決に向けて合意を形成するロールプレイを行います。

■ 主な演習範囲
・ 交渉のシナリオ作り
・ 提案のフレームワークに基づく代替案の策定
・ 共通のモノサシの合意
・ 合意事項の決定

※ カリキュラムは変わる場合があります。

PAGETOP
Copyright © Goal Consulting GK 2012-2020 All Rights Reserved.